麻里鈴のお部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 「炎の人」市村正親

<<   作成日時 : 2009/06/20 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

市村正親主演の、画家ゴッホの激動の人生を描いた舞台「炎の人」を
天王洲銀河劇場で観てきました。
画像


この前、「回転木馬」を見に来て以来だから、天王洲銀河劇場も約2ヶ月ぶり。
なんと劇場の前にあった本屋さんがなくなっていました。

さて、さて、舞台はというと・・・・・・
出ている俳優さん、すべてが素晴らしい。
3時間半あまり、極上の一編を見させていだきましたって感じです。
市村ゴッホ、凄かったです。
まるで、ゴッホが乗り移ったかのよう。
演技とも思えない気迫で、精神を病んでいく後半なんか
なんだか鬼気迫るものを感じちゃいました。
最高に計算しつくされた演技。
さすが、市村さんです♪
画像


印象に残ったのは、タンギイの画材屋さんのシーンです。
ゴッホを初めロートレック、スーラ、ゴーガン等、
その当時の画家、芸術家たちの本音、息づかいが感じられました。
熱いものがあり、ユーモアもありつつ、リズムも軽やか。
青春がそこにありました。

2幕目は、アルルの風景とゴッホとゴーガンが暮した黄色い家の絵が、
大きな額縁いっぱいに映写されてはじまります。
テオへの手紙を読む市村さんの声の録音が流れます。
録音には驚かされましたが、ゴッホの切実な心境が
切々と伝わってきました。

2幕の舞台美術は、まるでゴッホの絵画の世界に入ってしまったかのよう・・・・・・
印象的でした!!

最後のエピローグで、ゴッホに『同じ貧しい心の日本人として、
小さな花束をささげて拍手をおくる!』としめくくられました。
うまい演出ですね♪
胸にずと〜んときましたよ。

ロビーでは、サカタのタネ提供の多くのひまわりの花と、
市村さんが描いたゴッホの作品の模写が飾られていました。
画像


画像

「炎の人」は東京・天王洲アイルの銀河劇場で6月28日までです。
新潟、名古屋、大阪とまわるそうです。

原作も読んで見たくなっちゃいました。


三好十郎 (1) 炎の人 (ハヤカワ演劇文庫 22)
早川書房
三好 十郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



炎の人ゴッホ (中公文庫)
中央公論社
アーヴィング ストーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「炎の人」市村正親 麻里鈴のお部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる