麻里鈴のお部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 「校長先生とクジラ」をみて思うこと!!

<<   作成日時 : 2007/05/22 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シェアブログfuに投稿

捕鯨」と言えば、昔から賛否両論ありますよね。

私の子供の頃は、クジラは学校の給食にもよくでる
庶民的な食べ物でした。
だから、捕鯨禁止の問題を聞くと、
なんだか胸中複雑なものがあります。
確かに、可哀想だという気持ちはあります。
でも、それはクジラだけではなく、牛や豚も同じこと。
近年の調査では、クジラが増えているという報告も聞きます。

そんなことを考えつつ、「校長先生とクジラ」という動画を見ました。
とっても優しい、懐かしさのあるアニメーションです。

「あのクジラは、もういない!!」
校長先生の言葉から、話が始まります。
「あの頃は貧しかった。鯨の肉で飢えを凌いだ。」
という校長先生のナレーションは、ショックでした。
戦後、食料なんで飢えと戦っていた時代、
お腹をすかせ、クジラを食べたいと思いつつも、
捕鯨の様子を目の前でみた
少年時代の校長先生は、ショックを受けたのだと思います。

「あの時の自分は無力だった」 という言葉と、
そのあと描いたクジラの絵が、
気持ちを代弁しているような気がします。

浜辺に打ち上げられそうになっているクジラを見つけ、
走って駆けつける校長先生。
子どもたちも駆けつけ、みんなで力を合わせて、
くじらを海に帰すことに成功!!
当時の無力な思いを、校長先生は返せたでしょうか?!

ほんの僅かな時間の動画ですが、色々考えさせられます。
今は、保護すべき野生動物と言われているクジラ。

他にも食べるものはあるし、 捕鯨の必要がないと
言い切ればそれまでかもしれません。
でも、そう言いきってしまっていいのかという疑問も残ります。

広く公正な目で見て、考えてなければいけない
難しい問題だと思います。
みなさんも、動画を見て、捕鯨問題を考えてください!



動画


「※BloMotion・キャンペーン参加記事」



皆さんからのクリックが更新意欲につながっています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「校長先生とクジラ」をみて思うこと!! 麻里鈴のお部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる